風俗営業許可の種類

風俗営業許可の種類


一般の方は、風俗営業許可申請と聞くと、ファッションヘルスやソープランドなどの性風俗を思い浮かべる方が多いと思われますが、ここでご紹介する風俗営業許可申請はそれとは異なります。

風俗営業の種類には第1号から第5号までの計5種類あります。


第1号営業(旧2号営業を包括)


キャバレー等。キャバレーその他設備を設けて客にダンスをさせ、かつ、客の接待をして客に飲食をさせる営業。



第2号営業(廃止)➡平成28年6月23日以降は第1号営業に包括


バー・クラブ・客の接待を伴うスナック・カラオケスナック・パブ・料亭等

待合・料理店・カフェその他設備を設けて客の接待をして客に遊興または飲食をさせる営業



第3号営業(廃止)➡平成28年6月23日以降は、お店の形態により


①第2号営業(低照度飲食店) ②特定遊興飲食店営業 ③飲食店営業に分類される。



第4号営業(廃止)➡風適法の規制から除外(規制緩和)


ダンスホール等。ダンスホールその他設備を設けて客にダンスをさせる営業



第5号営業(廃止)➡平成28年6月23日以降は2号営業と分類


低照度飲食店。喫茶店・バーその他設備を設けて客に飲食をさせる営業で、国家公安委員会規制で定めることにより計った客席における照度を10ルクスまでとして営むもの



第6号営業(廃止)➡平成28年6月23日以降は3号営業として分類


区画席飲食店。喫茶店・バーその他設備を設けて客に飲食をさせる営業で、他から見通すことが困難であり、かつ、その広さが5平方メートル以下である客席を設けて営むもの。



第7号営業(廃止)➡平成28年6月23日以降は4号営業として分類


パチンコ・スロット専門店・マージャン店等。パチンコ・マージャン店その他の設備を設けて客に射幸心をそそるおそれのある遊技をさせる営業。



第8号営業(廃止)➡平成28年6月23日以降は5号営業として分類


ゲームセンター・ゲーム喫茶店等。スロットマシン・テレビゲーム機その他の遊技設備で、本来の用途として射幸心をそそるおそれのある遊戯に用いるっことができるもの(国家公安委員会規則で定めるものに限る)を備える店舗その他これに類する区画された施設(旅館業その他の営業の用に供し、またはこれに随伴する施設で政令で定めるものを除く)において当該遊戯設備により客に遊技をさせる営業(第7号営業を除く) 
平成28年6月23日より改正風適法の適用がスタートし、旧法と大きくルールの改定がされたものありますので、ご不明な点はお気軽にお問い合わせ下さい!!








下記の様な場合に当事務所をご利用ください

  • 風俗営業許可、飲食店営業許可を外注したい。
  • テナント・物件の要件がわからない。
  • 店舗オープンのために時間を使いたい。
  • 平日の日中に役所に行く時間がない。
  • 書類作成や手続きに不安がある。
  • 何かあったとき、すぐに専門家と連絡が取れるようにしておきたい。
  • 書類作成や手続きの仕方がわからない、手間や時間をかけたくない。



風俗営業許可、深夜酒類提供飲食店営業許可のお申し込み

行政書士業務のお申込

許可申請、変更の代行を承っております。
御見積も無料とおりますのでお気軽にお申込みください。




許可申請、変更のご相談

行政書士へのご相談

許可申請・変更に関するご相談承っております。
お気軽にご相談ください。




行政書士業務対応地域ご案内

対面しての風俗営業許可、飲食店営業許可、深夜酒類提供飲食店営業許可は札幌市内、ススキノ、石狩市 北広島市 江別市 小樽市 岩見沢市 苫小牧市に対応、当事務所まで来所して頂けるお客様や、出張をご希望のお客様に対応させて頂いております。特に札幌、ススキノでのご依頼を多く頂いております。


行政書士業務対応地域ご案内


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ